mainV

img

img

聞き手::今回、タツミホームで建てた決め手を教えてください。
旦那さま::1人目が生まれてから、落ち着いた場所でマイホームを建てたいと、いろいろな土地やハウスメーカーを巡っていました。
奥さま::タツミホームの酒井さんは、他社の男性営業さんと違って女性目線で一緒に話ができるのがよかったです。
旦那さま::検討中に、10年ほど前に建てて実際に住んでいる方の家を見学させてもらったんです。新築の家を見せてもらうメーカーが多いなかで、「10年経っても、お客さんといい付き合いが続いているんだ」と驚きました。大手も見ましたが、最終的には「信用できるタツミホームさんに頼みたい」というところが決め手でしたね。
聞き手::どっしりとした外観の印象と好対照に、室内がとても明るく開放的で驚きました。
旦那さま::外壁は重厚感のある総タイル貼りです。玄関もLDKも開放的で広々、というのがテーマでした。天井高も窓も、標準より高くて大きいものにしてもらいました。
奥さま::キッチンは、アイランド型で動線がすっきりしています。「カウンターがほしい」「テレビボードをオシャレにしたい」など、ざっくりとしたイメージを伝えると、「じゃあこうしましょう」と具体的な案を提案してもらえました。扉などの建具もさりげなくオシャレにしたり。
聞き手::ご新居で過ごす、どんな時間が好きですか?
旦那さま::庭の代わりに、カーポートの上にルーフバルコニーをつくってもらいました。そこでバーベキューをしたりお酒を飲んだり、何もない日も家族そろってごはんを食べたり・・・空の下で過ごす時間が、とても気持ちがよくて好きですね。見晴らしも最高なんですよ。
奥さま::私は育休中なので、日中はほとんど家にいますが、ゆとりのあるLDKでのんびり過ごしている時が一番落ち着きます。夏は涼しく冬は暖かなだけでなく、一度快適な気温にすると、気密性のおかげか、しばらく快適なままなんです。逆に家のなかが快適すぎて、外に出る時に「今日ってこんなに寒かったの?」と驚くくらい(笑)。
旦那さま::エアコンを1日じゅうつけっぱなしの日もあるのですが、年間通して月9000円くらい。オール電化のためガス代はかかりませんし、太陽光発電を4kW載せているので、年間の光熱費はほとんどゼロか、プラス収支なんじゃないかな?
聞き手::お風呂が2階にあるのは珍しい間取りですね。
旦那さま::アパート暮らしの時からずっと、朝起きてすぐにシャワーを浴びる習慣があって。寝室とウォークインクローゼットのすぐ近くにお風呂をつくってもらったことで、毎朝の起床~入浴~着替えの流れがとてもスムーズです。
奥さま::その代わりに、1階の玄関ホールにも洗面台をつくってもらいました。モザイクタイルをあしらったデザインがお気に入りです。
聞き手::今後の楽しみはありますか?
旦那さま::子どもたちが大きくなったら一緒に趣味のテニスをして、バルコニーで素振りしたり、外で壁打ちさせたりしたいですね。それをイメージしてつくってもらいました。
奥さま::和室は今、子どもの遊び場にしていますが、中央が掘りごたつになっているんです。いずれ、居酒屋のようにここでごはんを食べるのも楽しみです。

タツミホーム担当より
お仕事のご都合で、「年度末までに引っ越したい」というご要望があったYさま。LDKの広さから窓の大きさ、キッチンや和室の配置、収納量、造りつけの家具まで、細かな部分までしっかりこだわっていただきつつ、3月中のご入居に間に合わせることができ、お喜びいただきました。

img img img img img